最近のエントリー

カレンダー

2017年7月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

お問い合わせ先

リフォームやインテリアサロンに関する、様々な情報をお届けいたします。今が旬のアイテム、新作商品のご紹介、施工事例など一般ユーザーからプロの方にも楽しめるように更新しております。掲載内容の詳細に付きましては、お気軽にお問い合わせくださいませ。

【FAITH東京インテリアサロン】

〒107-0061
東京都港区北青山2-10-24
JP-2ビル201
0120-598-614

【FAITH 仙台リフォーム&インテリアサロン】

〒980-0023
宮城県仙台市青葉区北目町2-39
東北中心ビル1F

0120-399-522

  • インテリアサイトへ
  • リフォームサイトへ

造作家具 食器棚編②

2008年03月29日

 つい最近、私(船木)が食器棚施工チームを激写して参りました(笑)

 

 

『すみません・・・。私の事をジャガイモだと思って気にしないで施工して行ってください』

 

「・・・わかりました(笑)」

 

 

① まずは下地のチェックです。                ②工場で製作した吊り戸棚の枠を取付します。

PICT0101.JPG

PICT0112.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

③下の戸棚の枠を取付します。

PICT0111.JPG   ○  引出部分です

PICT0113.JPG  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

④棚板を入れ、扉を取付します。                               

PICT0116.JPG PICT0117.JPG  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

⑤扉の開け閉めチェックや、壁との隙間を調整します。

PICT0118.JPG

PICT0119.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

⑥下の扉と引き出しも取り付けします。

PICT0122.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だんだん出来上がって来ました!

 

 

 

 

 

 

⑦汚れや傷が無いか、入念にチェック

PICT0121.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

⑧完成!!

PICT0105.JPG

PICT0146.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

      

 

     取り付け前         →         取り付け後

 

 

 

 

約1時間で取り付け完了です。

 

 

 

でも、この食器棚が出来上がる前に沢山の工程があるんですよ。

扉1枚も引出1個も、全て手作業で工場にて綿密に作製しています。

 

だから1台製作するのに、納期は約1ヶ月。

 

1台ずつ、図面を引いて寸法を計算するという涙ぐましい努力を経て製品が出来上がる

のです。

 

 

決して安価では無いオーダー家具ですが、とてもこだわって作って施工しております。

 

 

いくら位するのかしら!?と気になってしまった方は是非、お問い合わせくださいませ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

インテリアの情報家具 | 2008-03-29 11:11 |

造作家具 食器棚編①

2008年03月28日

 さて、今回は造作家具でも特に要望が多い食器棚についてレポート!

既製の食器棚は沢山種類ありますが、全体のイメージと色が合わなかったり

高さや幅が限定されてしまったり・・・。

探すのに時間はかかるし、移動する為の交通費もかかるし。

 

そ・こ・で

 

痛い所に手が届くのがオーダー家具。

 

沢山のカラーサンプルから、BESTカラーを選んで扉の形・引出・サイズを決め

自分の使い易い様にカスタマイズ。

 

炊飯器を置くスペースや、レンジを置くスペースも確保したい。

 

そうそう、案外とゴミ箱を置くスペースも無かったりして・・・。

 

そんな悩みを一気に解決出来てしまう♪

 

 

 

 

PICT0088.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

下の収納を扉2つ分くりぬいて、すっきりゴミ箱スペースを確保。

マンションなどには、ありがちな天井からの張り部分までも有効活用して

きっちり納めています。

 

 

魅せる食器棚としては、こんなプランも素敵!!↓

 

 

タワー支倉モデル小物032.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

50-550018.JPG

 

 

 

 

上部にスポット照明を入れたり、ガラス

板の棚を入れたりしてちょっとした飾り

スペースを設ける事も可能です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

食器棚1.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらは、アルミ扉にガラスの組み合わせでの吊り戸棚プラン。

(更に曇りシートで中を目隠し)

シンプルな感じですので、どんなテイストにも合います。

(右横は、冷蔵庫を置くスペースとして空けてます)

 

 

 

 

さて、お次は実際の造作食器棚の取り付けに密着リポート!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

インテリアの情報家具 | 2008-03-28 17:05 |

ウインドウトリートメント施工例③

2008年03月25日

     

新築戸建てのW様邸のカーテン取り付けに伺いました!

 

開放感あふれる15帖のLDに、グリーン地に上品な花柄が入ったカーテンがぴったり。

おうちの顔となるLDには、装飾レールやタッセルなど、オシャレなアクセントをつけるのがオススメです!

 

SSCN1402.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

 

 

写真は裾が「エバ柄」のレース。SSCN1399.JPG

通常の裾三つ折りとは違って、レースのやさしい表情がより楽しめます♪  

 

 

  

 

 

SSCN1398.JPG

 ちなみに

私たち、コーディネーターも、採寸や取り付けなどなど、現場で日々作業しています!

 

分厚い見本帳と脚立を持って電車に乗る人がいたら…

それはきっとフェイス東京のコーディネーターです(笑)

 

 

【Tokyo】

 

カーテン | 2008-03-25 18:06 |

コーディネートします!

2008年03月21日

DSCN1380.JPG

すてきなインテリアにしたい!と思っても…

それを実現するのはなかなか難しいですよね。

 

そんなお手伝いをするのが私たちのお仕事♪

 

これからお引越しやリフォームなどされるお客様に、

どんなイメージか、どんなものがをお好きか、などなど…

いろいろと伺って、コーディネートプランボードを作ってご提案します。

 

プランボード上の世界が実現される日を楽しみに、

今日も仕事を楽しんでおります!

 

いよいよ春到来。

気分転換にお部屋のイメージチェンジはいかがですか??

| 2008-03-21 19:07 |

東京ブログ、はじめました

2008年03月18日

交番.jpg

はじめまして。

今日から東京支店のブログ、スタートしました!

東京ブログ担当のヒヨシです。

 

今後、東京のインテリア情報やHOTな話題などなど…

盛りだくさんに発信していきたいと思いますので、よろしくお願いします♪

 

わたしたち東京支店は、池袋の西のとあるゾーンにアジトを構えています(笑)。

 (写真はアジトへのキーポイントとなる交番。ちなみにこちらのおまわりさんに、かつて尋ねてみましたが、FAITHアジトの発見は不可能でした…)

 

誰もが不思議がる、謎の造りのアジトの中で、

FAITHメンバーは日々、お客様の快適なインテリア作りを楽しくお手伝いしています。

 

そんな私たちから発信するブログ、今後乞うご期待ください!

 

 

 

 

その他の情報 | 2008-03-18 18:06 |

照明施工例①

2008年03月17日

照明の施工例写真です。

最近人気があるのは、小さめのペンダント2~3個をダイニング上に下げてくるタイプ。

 

 

【 N 様 邸 】

 

消えル.JPG

付く.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スイッチOFF                       スイッチON

 

 

 

 

リビング側を、シーリングライト(製品は『ODERIC』)

ダイニング側を、マンションでも簡易取付可能なダクトレールを取り付けてのペンダント

(製品は『DAIKO』)です。

 

天井に高さのリズムが出来ると、雰囲気の良い空間を演出してくれます。

 

また、テーブルの真下を照らしてくれるので何か作業をする時にも大助かり!!

 

但し、デメリットとして必ずテーブルを真下に配置しないとバランスが取れない事。

将来的なレイアウト変更にちょっと不便を感じるかもしれません。

 

(ある程度調整可能な伸縮タイプのダクトレールもありますのでご相談くださいませ。

 

 

ルイスポールセン.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらは、有名なデザイナー『ルイスポールセン』のPHペンダント。

北欧系やシンプルなインテリアには、もはや定番中の人気商品ですね。

 

光源や反射などを計算された、このペンダントは特に男性の方に人気のある照明です。

ユーロ高の影響で、今年値上がりしてしまったのが残念ですが、ずっと使えるデザイン

として間違い無しです。

 

 

 

 

シャンデリア.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらは、『KOIZUMI』のシャンデリア。モダンな中に華やかさが加わった素敵な照明です。

次回の某モデルルームで採用になりました。

 

 

 

 

100_0019.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらは、『山田照明』の個性的な照明。ガラスの1枚板を挟み込む様な形で器具が取付

されております。

アクリル素材と違って、ガラス製品は暖かみもあって実にイイ!!

 

 

 

PICT0034.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらは『TOYO KITCHEN』のシャンデリア風ペンダント。

セレブな気分になれそうな繊細なガラスで作られてます。そして案外とお値段的にもGOOD♪

 

 

 

PICT0011.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

メイン照明では無く、間接照明で楽しみたい方は造作家具に照明を埋め込むタイプもあります。

 

 

 

 

P一番町MR造作画像 008.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

照明は、インテリアの一部です!!

明るければなんでもいいや・・と思うのは淋しすぎます(泣)

 

是非是非、こだわって選んでみてください♪

インテリアの情報照明 | 2008-03-17 14:02 |

ウインドウトリートメント施工例②

2008年03月17日

ウインドウトリートメント施工例②の御紹介です。

 

 

【 K 様 邸 】

 

Wムースシェード.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『川島織物セルコン』のWムースシェードスタイル。

レースをW使いする事によって、重なった部分が玉虫の様に浮き上がり、豊かな

表情を表現してくれます。

 

 

 

B50.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらは、『ニチベイ』のB-fiftyブラインド。

割と、お手頃な価格帯で手に入りますので、人気のあるスタイルです。

 

 

 

 

PICT0012.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらは、『プリーツスクリーン』和紙調の障子の様なブラインドの様なスタイルです。

実際は、ポリエステル繊維で組織されていますのでカビなどの心配は緩和されて

おります。

 

 

 

PICT0014.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

少し、わかりにくいですが『木製ブラインド』です。重量が結構ありますので高さに注意しなく

てはいけません。

 

 

 

ツインシェード枠内.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらは『サンゲツ』のツインシェード。

 

K様邸には、立派な窓枠が付いておりましたので全て枠内の取り付けとなりました。

 

ウインドウトリートメント①にあったツインシェードは、正面付けと言い窓を覆う様な取付

の仕方ですが天付けと言う枠内に納める方法もあります。

 

カーテンも天井いっぱい上から吊り下げたり、窓枠上10CMから取付したり同じスタイル

でも施工方法は幾通りもあるのです。

 

下地の関係や枠の関係で、制限される事もありますが細かい提案が出来るのも当社施工

のメッリトでもあります。

 

是非、フェイスへご相談くださいませ。

インテリアの情報カーテン | 2008-03-17 12:12 |

ウインドウトリートメント施工例①

2008年03月17日

 ここで、先月から今月にかけて当社で施工したウインドウトリートメントの施工例を

一部、御紹介させて頂きます。

 

 

【  F様邸  】

 

FEDE.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらは、『FEDE』の総柄レース2倍ヒダで製作。

通常はレースは窓側に取付致しますが、ドレープを後ろ側にしてレースを手前にしています。

ちなみに、ドレープ地は『IN HOUSE』のシャンタン無地。ドレープが綺麗にとれるので上品

な感じに仕上がりました。

 

 

閉じた時.JPG タッセルピンク.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

右上:レースを閉じた時                             左上:『YOKOTA』のビーズピンクタッセル

 

 

 

開けた時.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

上図:開いた時

 

 

 

この組み合わせに飽きた時は、ドレープとレースの位置を交換すれば通常タイプに

戻るだけ(レールによって、逆に出来ないタイプもあります)

 

 

F様も、大満足な仕上がりとなりました。

 

 

 

 

こちらは、和室。あえて雰囲気のある紫色の刺繍生地でモダンな仕上がりにしました。

 

 

 

 

ハイスピリット.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

濃い目のアイアンレールを使い、全体的に締まった印象に

 

 

 

1.5倍IH.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

生地は、ドレープ『IN HOUSE ハイスピリット』 タッセルは、同じくYOKOTAのビーズピンク

タッセルです。少々お値段の張るファブリックですので1.5倍ヒダにしてご提案。

 

 

 

ツインシェード.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらは、同生地で製作したツインシェード

 

 

 

アップ.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

立体感のある刺繍に、なんとも言えない微妙な色使い。

世界に2機しかない織機で作られた最新技術を駆使しての手法。

 

 

 

IHH.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

②へ続く→

 

 

 

 

インテリアの情報カーテン | 2008-03-17 11:11 |

リビング仙台に掲載!!!

2008年03月17日

こんにちは~!

仙台の船木です。

2月に仙台リビング新聞社より、取材を受けまして・・・

 

な・な・なんと・・・

3月1日号の仙台リビングに掲載されてしまいました(照)

 

仙台リビング.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

メーカーさんや、友人達に『見たよ~』なんて言われると、ああ・・・年齢が

ばれてしまうなんて思ったりもして・・・。

 

まあ・・・依頼を頂けるだけでも大変有難い事です!

 

仙台リビング様ありがとうございました♪

 

 

 

インテリアの情報その他の情報 | 2008-03-17 10:10 |

『ADコア ヨーロッパ ハイエンド インテリアセミナー』

2008年03月09日

2月26日 仙台サンプラザにて、当社主催のインテリアセミナーを開催致しました。

国際家具見本市としては、イタリアのミラノ・サローネが有名ですが、今ヨーロッパ

で注目を浴びているのが、新人デザイナーの登竜門として定着している【100%

デザイン ロンドン】とヨーロッパのハイブランドが多く集結した【バレンシア国際

家具見本市】

この旬な展示会をADコア 専属デザイナー瀬戸 昇氏を招いてレポートをして

頂きました。

カーテンや照明のトレンドセミナーは、たまに東北では開催されたりしますが、

正直家具のトレンドセミナーは、皆無に等しい・・・。

招待者は、仙台を中心に一戦で活躍するインテリアコーディネーターの皆様や

設計事務所の方々達。

聞いてる主催側の私達社員もとっても勉強になりました。

 

 

 

 

PICT0010.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

右:AD コア デザイナー 瀬戸 昇 氏

左:当社 内海

 

 

(すみません・・・画像が綺麗に撮れて無かったみたいです 反省;)

 

 

 

 

 

 

PICT0009.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

会場の様子:皆さん興味深々で聞いておりました。

 

 

 

PICT0007.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

100%デザイン ロンドンでは、昔の大英帝国の様に良いものが集まりつつあり、斬新なデザインと

古き良きデザインの融合が多く見受けられました。

印象に残ったのは、光ファイバーとLEDを使った大きめのペンダントや完成度の高い成形合板の

椅子。

画像をUP出来ないのが残念ですが、新人デザイナー達の駆使した発想と製作がとても楽しいもの

ばかりでした。

一方、バレンシア国際家具見本市の方は、今年で44回目の開催で、46回開催されているミラノ サ

ローネと同じ位の歴史があります。

デコレーション展示館では、ヨーロッパの富裕層ばかりをターゲットにしたブランドが集結している為

その内容もやはりハイグレードなものばかり。

そのユーザー顧客は、王室や中東・アフリカの王族達という事で、その国の好みに合わせた様々な

スタイルを拝見出来ました。

去年からのトレンドカラー、太陽のオレンジと海の様なブルーを随所に使用したものが多く定番の形

でも、どこか新しさを感じるものばかりでした。

ここで1つ勉強になったのが、ヨーロッパのインテリア礼儀作法としてのある方式。

ランプスタンドや、水がめは必ず2個置くという事。

例え、それがシンメトリーになっていなかったとしても(左右対称にバランスよく配置されている事)

並べて2個置いてOKという事でした。

そして、王族達は様々なブースを見て歩き、単品買いではなく1ブースまるごとコーディネートされ

たものを購入されて帰るそうです。

(あ~あ・・・私も大人買いしたい)

 

セミナーも終わり頃、ADコアの新作説明会も行いました。

 

 

PICT0005.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

とても存在感のある、ベルベットの赤でコーディネートされたハイスツール

 

 

 

PICT0002.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

とっても座り心地抜群のラウンジチェアーと、円形スツール

 

 

 

PICT0001.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

上品なフォルムでまとめられた、ダイニングチェアー

 

 

 

ほんと、どれも素晴らしい出来です!!

今後も、フェイスではプロ向けのインテリアセミナーを開催予定です。

次回をお楽しみにしててください。

 

セミナーにご来場いただきました皆様、ありがとうございました。

インテリアの情報家具その他の情報 | 2008-03-09 10:10 |

  • 1